技術ネタ‎ > ‎開発日誌‎ > ‎

AppEngineからYahoo!の日本語形態素解析APIを実行する

2009/08/16 20:29 に Shinichi Ogawa が投稿   [ 2009/08/16 21:36 に かとうまさき さんが更新しました ]
ちょっと試すだけなら簡単でした。以前は結構遅くて、AppEngineのURLFetchServiceのレスポンス制限に引っかかるなーとか思ってましたが、さっきなにげに試してみたところ特に問題のない速度でレスポンスされてました。以前試したときのタイミングが悪かったか、Postメソッドを使ってたか、そんなくらいしか差がないんだけどなぁ。
試すには上記URLからYahooアカウントの登録と、アプリケーションIDの登録が必要です。既にどちらもある人は以下のURLでアプリケーションIDを確認できます。
サンプルは単純にGETメソッドでAPIを実行しています。

StringBuilder b = new StringBuilder();

b.append("appid=" + URLEncoder.encode(appId, "utf-8"));

b.append("&sentence=" + URLEncoder.encode(text, "utf-8"));

b.append("&results=ma,uniq");

URLFetchService service = URLFetchServiceFactory.getURLFetchService();

HTTPResponse response = service.fetch(new HTTPRequest(new URL(APIURL + "?" + b.toString())));


これで、後はHTTPResponse#getContent()でbyte配列を取得する事ができます。
Comments