GoogleApps

Google Appsとは?


世界で500万以上の企業が利用するオンラインアプリケーション

Google AppsはGmailやカレンダーなどグループウェア的なコミュニケーション、コラボレーションツールとして今日様々な企業で活用されています。Google Appsはクラウド環境で提供され、アプリケーションの機能を組み合わせて利用する事で企業の情報共有化が飛躍的に向上します。
現在、世界中で500万社以上の企業が利用し、1日で5000社以上が導入しています。日本でも大企業〜ベンチャー企業まで爆発的に普及が進んでおります。

■Google Apps導入のメリット

①大幅なコスト削減効果(平均で3分の1に減る。)
導入後にハードウェアやソフトウェアライセンスを追加購入する必要はありません。既存のメールサーバーの解約、サーバー管理者の管理コストの削減など、
既存の保守管理コストが大幅に削減できるだけなく、時間とリソースの無駄を削減できます。 リサーチ会社の調査では、Google Apps は他のメール ソリューションと比べて総費用が 3 分の 1 で済むとレポートされています。 (Google社HPより)

②コミュニケーションの高速化&多様化
インターネットへの接続環境さえあれば、海外でも携帯/スマートフォンなどのモバイル端末からでも、すぐに簡単にアクセスできます。また、動画やチャット機能、カレンダーの同期機能などを使って、FAXや電話などでは伝えられない情報も伝えることができるようになります。
単に社内でのみコミュニケーションを図るだけでなく、取引先や顧客向けへの情報提示&インタラクティブなコミュニケーションへの道が開かれます。

以下はGoogle Appsの機能のご紹介です。

株式会社トップゲートではGoogle Appsの販売代理及びカスタマイズも行っています。お気軽にお問い合わせください。