2011-1-24 GAE/J 実践的クラウドプログラミングとそのノウハウ

   お申込みの受付は終了いたしました。

          ~PC実習付き/1人1台主催者側がPC用意~

ハンズオン形式でGoogle App Engine/Java向けアプリケーションの構築を体験し、必須となる技術・知識を身につけましょう。

2010年に入ってからは、Googleが提供するクラウドであるGoogle App Engine上に構築されたサービスが多くなりました。
 さらに、各社から様々なマーケットプレイスも提供され始め、GoogleからもGoogle Apps Marketplaceが発表され、
 年末から来年にかけて提供され始めます。

 また、GoogleAppsのようなグループウェアを導入する企業もどんどん増えています。
  クラウド環境はたくさんありますが、その中でも運用コストの安さと、アプリケーション開発の生産性の高さが素晴らしいGoogle App Engineについて学び、Google App Engine for Javaを使った「実践的な開発」を体験する機会を提供いたします。

 講師はGoogle App Engine向けの詳しい書籍の執筆者で、開発もガッツリ行う開発者です。
2年以上の様々なGoogle App Engine開発を体験してきた中で、特に重要と思われる点と、テストを重視した開発手法、そのリズムをお伝えします。

 サービス構築プラットフォームとマーケットプレイスが充実してきたこの大チャンスを逃さないように、ひとつの選択肢であるGoogle App Engineを是非体験してみましょう!


 主催    株式会社R&D支援センター
 講師
 株式会社トップゲート 
 システムソリューション事業部

  小川 信一 (@shin1ogawa)

   著書: Slim3 on Google App Engine for Java(秀和システム)
  appengine ja night(日本最大のAppEngineコミュニティ) Google App   Engineの普及活動を行っています。
 実装時のコンサルティングや実業務にて開発も携わっております。
 開催日時  20111月24日(月)
 講義時間  10:30~16:30 (別途休憩時間有り)
 開催会場   TIME24ビル 4F セミナールーム
                          会場までのアクセスはこちら
講義内容

【講座のポイント】

・Google App Engineのプラットフォーム、周辺技術の説明
・Google App Engineとは?どこで使われているか?どのように使えるか?
・Google Apps, Google Apps Maeketplace概要
・Google App Engineのデータベースである、データストアを確実に理解する
・Slim3説明
・Slim3,TestDriven開発による、Ajaxを使ったWebアプリケーションの構築
・Eclipseを使いこなすためのTips

【受講対象】

・ウェブアプリケーションの開発者、技術者
・コンシューマ向けサービスをクラウドで提供したいという方
・Google Appsを使用するエンタープライズ企業向けのサービスをクラウドで提供したいという方
・社内の業務アプリケーション、その一分をクラウド向けに開発・運用したいという方

【予備知識】

・Eclipseの操作経験(簡単なものでも構いません)
・JavaによるWebアプリケーション開発の経験(簡単なものでも構いません)
・jQuery, Junit(必須ではありませんが、知識があるとより理解が深まります)

【修得知識】

・Google App Engine のプラットフォームの仕組み
・Google Apps, Google Apps Marketplace
・Google App Engine for JavaとSlim3を使った開発手法
・Eclipseの高い生産性を引き出す手法、TestDriven開発のリズム

【演習内容】

Google App Engine fir Javaを使ったWebアプリケーション作成を実習形式で学習します。
Google App Engine for Java向けの最も優れたフレームワークであるSlim3を使い、実際の開発に必要となるプラクティス、開発のリズムを実際に体験する事が可能です。

【プログラム】

1.Google App Engineとその周辺知識について

  1-1.Google App Engineとは
  1-2.Google App Engineの事例紹介
  1-3.Google App Engineの適用例
  1-4.Google Apps. Google Apps Marketplaceの紹介

2.Google App Engineの技術詳細

  2-1.プラットフォーム、仕組み
  2-2.各種制約
  2-3.様々な機能の紹介
  2-4.データストアの説明

3.開発の体験

  3-1.環境構築
  3-2.Slim3の説明
  3-3.ステップバイステップでの開発

4.まとめ

  4-1.エンタープライズ向けのサービスを提供する大チャンス

5.質疑応答・名刺交換・個別相談

 対象者  ● ウェブアプリケーションの開発者、技術者
 ● コンシューマ向けサービスをクラウドで提供したいという方
 ● Google Appsを使用するエンタープライズ企業向けのサービスをクラウドで提供したいという方
 ● 社内の業務アプリケーション、その一分をクラウド向けに開発・運用したいという方
 受講料  ● 企業又は個人の方  
   49,980円 /  1名 (税込・昼食・資料付き)

● 大学生、教員の方
   10,500円 / 1名 (税込、昼食・資料付き)

  ※ ただし、企業に在籍されている研究員の方は除きます。また、2人目無料も適用外です。

講師紹介にて申込み頂いた方は特別料金にて受講可能です。(大学生・教員の方は除く)
詳しくは下記連絡先までメール又はお電話頂ければ講師紹介用パンフレットをお渡しいたします。
TEL:03-5840-8815  e-mail:masayoshi.takagi@topgate.co.jp  担当:高木
 定員 10名  ※ 満席になりましたら、締め切らせていただきます。 
 申込み方法 お申込みを希望の方は下記フォームにて必要事項を入力して頂き、申込下さい。
http://www.rdsc.co.jp/seminar/110108.html
       お申込みの受付は終了いたしました。

ご不明な点などございましたら、お気軽にご連絡下さい。

TEL:03-5840-8815   e-mail:sales@topgate.co.jp    担当:セミナー担当
Comments